美鏡数珠

33,000 
お問い合わせ
必要ポイント: 33000 ポイント
SOLD OUT

数珠(じゅず)とは、穴が貫通した多くの小さい珠に糸を通し輪にしたスピアイテムで、日本仏教に伝わる大切な法具の1つです。仏様やご先祖様、故人に清らかな心で手を合わせ、心と心を通い合わせることのできる大切なもの。仏様を念ずる時に用いる珠との意味から、念珠(ねんじゅ)とも呼びます。

数珠の起源については様々な説がありますが、古代インドのバラモン教で用いられた聖典が有力。その聖典には、連珠という記述があり、その連珠が後に念珠、すなわち現在の数珠の原型になったようです。聖典には、当時お祈りする回数を数える際に、数珠を使う習慣があったとのこと。この習慣をお釈迦様が取り入れ、中国に伝来し、その後、日本にも仏教伝来とともに伝わっています。

仏様を礼拝する際に手にかけて用いるのが一般的ですが、真言・念仏の回数を数えるのに珠をずらし鳴らして用いることもあります。数を数えるという点では数取器でもあり、歩測に用いれば測量器具ともいえるでしょう。

仏教の法具としてはもちろんですが、イスラム教やキリスト教など、その他の宗教でも独特の形のものが確認できます。例えば、キリスト教のカトリックでは、ロザリオが数珠と同様の扱いで使用されていて、外観も似ていることから、キリスト教圏において、数珠は「仏教徒のロザリオ」と呼ばれることもあります。

数珠を何の為に持つかというと、人間が持つ煩悩を打ち消してくれるからです。更には、身を護るなどの有り難い功徳もあり、数珠は持たれる方の、魔除けや厄除けなどの結界、福を授かる効果をもたらしてくれるのです。

天神輝美鏡が開発した美鏡数珠は、黒檀とクリスタルを使用した直径約120cmの3連数珠。黒檀は、生育が遅く木刀や家具にも使用される固い木。艶やかな黒と重厚感のある材木が特徴です。紐は魔除けに効果的な赤3種類を使用。外観は迫力満点、強力なエネルギーにも対応できるスピアイテムです!これは公にしていないことですが、実は、天神輝美鏡がいつも首からぶら下げています。洋服の中に隠しながら日々所有していて、チャネリングやヒーリングにも大きな力を与える存在として活躍中です。

スピリチュアル活動をされる方々をサポートする美鏡数珠。持つ方々の人生に、摩訶不思議な出来事が起きることでしょう☆

出品者:
美鏡
カテゴリー:
その他